世田谷公園で遊ぶ

娘たち(6歳と3歳の幼稚園児)を連れて、世田谷公園に行ってきました。

世田谷公園は、東京都世田谷区池尻一丁目にある公園です。最寄駅はというと田園都市線の池尻大橋か三軒茶屋になるのですが、どちらからも歩いて20分ほどかかります(子連れだともう少しかかるかも)。

なのでいつもバスを利用しています。東急バスで自衛隊中央病院入口というところで降りると、公園のすぐ目の前です。系統はいくつかあるので、本数も多く便利です。

それから、いつもこの公園に来たら寄るのが、NOZY COFFEE。先ほどの最寄りバス停の近くです。スペシャルティコーヒーの先駆者的存在として知られるお店で、こちらでテイクアウトしたコーヒーを片手に公園を散歩するのがお気に入りです。

img_1883

世田谷公園は娘たちもすごく気に入っている公園で、それはプレーパークというのがあるから。

プレーパークは、従来の公園、既成のブランコ、シーソー、鉄棒などがあるようなお仕着せの遊び場と違い、一見無秩序のように見えて、子供たちが想像力で工夫して、遊びを作り出すことの出来る遊び場、東京都世田谷区羽根木プレーパークがオープンして、この言葉が日本でも広く知られるようになった。子供の安全の確保のために指導員を置いたりすることもある。 もともとは、ヨーロッパの都市の子供のための公園で、古タイヤを積み上げたりしただけで遊び場として提供するといった動きが出てきて、そういうものに見習ったもの。

引用:wikipedia

一般的な児童公園にあるようなブランコやすべり台といった遊具は無いのですが、例えばノコギリを使って木板を切ったり、カナヅチを使って釘が打てたり、あと火を起こしたり、穴を掘ったり、普段の都会の生活ではできないことが経験できます。

ubak9705

「自分の責任で自由に遊ぶ」をモットーにした遊び場で、こどもがやりたいことができるというのが良いみたいです。この日もたっぷり2時間くらいは遊びました。

あと世田谷公園にはミニSLというのがあり、娘たちはこれもお気に入りです。

運行日

水曜日・土曜日・日曜日、祝日、学校休業日、都民の日(10月1日)

休業日

上記運行日以外の日、雨天日、年末年始(12月29日~1月3日)

運行時間

約10分から15分間隔で運行 正午から午後1時は運休
 3月から11月 午前10時から午後4時
 12月から2月 午前10時から午後3時

利用料金

小学生未満無料、小学生30円、中学生以上70円

引用:世田谷区ホームページ

けっこう並んでいますが、運行間隔は混雑具合を見て調整してくれているようなので、すいすい乗れます。

先ほどプレーパークにはすべり台やブランコは無いと書きましたが、公園内の別の場所にはそういった一般的な遊具もありますので、そちらでも楽しめます。夏にはプールも楽しめるので、素晴らしい公園だと思います。

近隣に美味しいお店が多いのも良いですね。アップルパイで有名なGRANNY SMITH、パンの有名店Signifiant Signifie、ハンバーガーのFungoなどなど。ファミレスのデニーズもすぐそばにありますし、コンビニはバス停を降りてすぐのところにファミリーマートがあるので、ちょっとした飲み物やおやつなど買っていくのもオススメです。

保存

保存

保存

保存

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク