満島ひかりと小沢健二が歌う「ラブリー」が素敵

小沢健二さんがホストを務める『Tokyo, Music & Us 2017-2018』というプログラムが、12月8日からApple Musicで配信されておりまして、毎回小沢健二さんがゲストをお招きして対談したりセッションしたりといったコンテンツなんですが、第一回は満島ひかりさん。小沢さんの大ヒット曲「ラブリー」を一緒に歌っていて素敵でした。

ラブリー/満島ひかり・小沢健二

『Tokyo, Music & Us 2017-2018』のエピソード1のゲストは満島ひかりさん。
なぜこの二人?と思いましたが、セッションの相性はバッチリでしたね。

その他、東京湾に浮かぶ屋形船の中で語り合うなど、見どころ満載です。このコンテンツの配信に併せて、過去のアルバム『LIFE』とシングル集『刹那』も、Apple MusicとiTunes Storeで配信スタートしております。

小沢健二さんはオフィシャルサイトhihumiyo.netで、『Tokyo, Music & Us 2017-2018』について「ぼくが毎回お客さまを迎える30分番組って、大丈夫なんでしょうか。第1回は、満島ひかりさんを東京湾に浮かぶ幻のようなセットに迎えて。陸をはなれ、対話は当然めちゃくちゃな方向に笑」と書かれていました笑

ラブリー良い曲。イントロのギターのリフだけで泣けちゃいます。

これは1995年の紅白のラブリー。大物アーティストをバックに・・笑
多幸感がすごいです。

2017年は精力的な活動をされていましたね。シングル発売、セカオワとのコラボ(他アーティストとのコラボは23年ぶり、ブギーバックのスチャダラ以来)、ハロウィーンの絵本の発売、岡崎京子さんの『リバーズ・エッジ』の主題歌として“アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)”を書き下ろし!なんていう発表もありました。映画主題歌の書き下ろしは初めてのことですね。

2018年には東京大阪でライブも予定されているそうです。ますます小沢健二さんから目が離せません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク