仙台名物牛たん焼の老舗『一隆』は一味変わった名店

仕事で仙台に行く機会があり、専門店で牛たん焼きが食べたくなったのでいろいろと調べて、『一隆』というお店へ行ってきました。

公式ホームページより

一隆本店は創業四十数年。「牛たん焼」伝統の味とスタイルにこだわり続けています。

当店店主は1968年より仙台名物牛たん焼きの生みの親、故・佐野啓四郎氏(太助初代店主)第一期の直弟子として修行を積み、その後1973年独立して当店を開業。開業以来四十数年、牛たんの仕込みから焼き上げまで機械を一切使用せずに昔ながらの「手作り」にこだわり続けております。
日々ご用意できる数量に限りがございますので「売り切れごめん」のスタイルで長年やっております。品切れにより閉店時間が早まるなど、お客様には多々ご迷惑をおかけすることもありますが何卒ご理解をいただければ幸いです。

公式ホームページの紹介の腰が低いこと低いこと。

スポンサーリンク

土曜日の19:00頃に行きましたが、並ぶことなく入店できました。
座敷席(4人掛け)が3つとカウンターが5,6席程度のコンパクトなお店です。
(小上がりになっている座敷席があるので子連れでも大丈夫かと思います)

数ある名店の中からこのお店を選んだ理由は、味噌カツもウリにしているという、その不思議なメニュー
牛たん&味噌かつミックス定食(テールスープ・ライス付)1400円を注文しました。
この日は予約していた某運送会社の集荷が2時間半も遅れるという不本意な出来事がありましたので、牛たん大盛り(1.5倍)+500円にしました。

牛たん&味噌かつミックス定食

奥の牛タンにピントが合っちゃってて、味噌カツは若干ピンボケな感じですが、この美味しそうな感じ伝わりますか。こんな組み合わせ、ちょっと他ではないので、食べながらすごく幸せでした笑

テールスープもとても美味しかったです。

牛たんは「厚切り」と強調するほどではないですが、適度な歯ごたえがあり美味

付け合わせはマカロニとキャベツの千切り。牛たんの下にはお漬物が潜んでいます。

カウンター席に座ったので、目の前で店主の方が調理してくださっていました。そしてこの店主の方がまた腰が低いこと低いこと(ホームページに負けていない)

注文したあと、私が何気なくメニュー見ていたら
「お腹すいたね〜、もう少しでできるからね〜」と声をかけてくださったり笑
どうして牛たんと味噌カツの組み合わせになったのか聞いてみると、店主の奥さんが名古屋出身でご実家が味噌屋で、そんなこんなで味噌カツを開発したんだとか。

帰り際も「気をつけて帰ってね〜」と最後まで親切な店主さんでした。

仙台へ行く時は必ず寄りたいお店になりました。

公式ホームページにはメニューも紹介されていますので、ぜひチェックしてみてください。

関連ランキング:牛タン | 青葉通一番町駅大町西公園駅勾当台公園駅

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク