浜離宮恩賜庭園はいかがですか?

浜離宮恩賜庭園に行かれたことはありますか?もし行ったことがない方は今年の春にお花見がてら行かれてみてはどうでしょうか。

浜離宮は東京都中央区、隅田川の河口にあります。北に築地、西に汐留、南は竹芝といった位置関係です。都立庭園としての歴史は戦後1946年ですが、元々は徳川家の別邸という位置付けで、整備されたのは1600年代のことになります。元々海だった場所を埋め立てて造られた場所です。甲府藩の下屋敷だった時期もありますが、基本的には将軍家の別荘で、将軍が鷹狩りをした場所としても知られています。

回遊式築山泉水庭というスタイルですが、ここが他の庭園と一味違うのは、海水を取り入れているという点でしょうか。干満で景色の変化を楽しむという非常に趣深い一面を持っています。

東京ドーム5.4個分の敷地内、ぐるっと一周することができますが、いろんなパターンの散歩ができるので、飽きることがないです。海水を取り入れた池には3箇所から橋がかかっており、中之島でつながっています。背景には汐留の高層ビル街が入り込んできます。江戸時代の庭園と現代の高層建築のコラボレーションは不思議な感じがして面白いです。

例年桜の花は3月下旬からですが、ここは2月頃から菜の花が楽しむことができます。また秋のシーズンは紅葉も美しいです(都立庭園のスタンプラリーというのもあります)。お弁当を食べられる芝生広場もあるのでぜひ行ってみてください。

アクセスは以下の通りです。

<大手門口>
都営地下鉄大江戸線「築地市場」(E18)「汐留」(E19)・ゆりかもめ「汐留」下車 徒歩7分
JR・東京メトロ銀座線・都営地下鉄浅草線「新橋」(G08・A10)下車 徒歩12分

<中の御門口>
都営地下鉄大江戸線「汐留」下車10番出口 徒歩5分

JR「浜松町」下車 徒歩15分
水上バス(日の出桟橋─浅草)

東京水辺ライン(両国・お台場行)「浜離宮発着場」下船

公式サイトより

JR、地下鉄、ゆりかもめなどいろいろな路線が使えますが、水上バスでも来られるのがこの庭園の面白いところですね。浅草、お台場からアクセスできますので、東京観光にも適していますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク