「東京蚤の市」であっという間に売り切れになっていた洋菓子屋さん

東京蚤の市では、あんこと焼き菓子の新機軸を打ち立てる「東京おやつ通り」なるコーナーがあり、スイーツ大好きな人たちで溢れかえっていました。

そんな中であっという間に完売、売り切れになっていた焼き菓子屋さんがありました。

【人々さんからご来場いただくみなさまへメッセージ】
店舗のない焼菓子屋 人々(ひとびと)です。真夏の東京蚤の市に続き、愛知から季節のタルトやマフィンなどの焼菓子をお持ちいたします。どうぞ宜しくお願い致します。

公式サイトの自己紹介ページで謙虚過ぎて逆に目立っていた「人々」という焼き菓子屋さん。

店舗のない焼き菓子屋?と思って人々のホームページを見てみると

愛知県・知多半島の小さなお店。

2011年から2014年8月までの3年間、人々が集うcafeとして営業。

現在、イベント出店を中心に活動中。

とのこと。なるほど。以前は店舗営業をしていたけれども最近ではこういったイベントへの出店を中心に活動されているのですね。

ホームページにも今後の出店スケジュールが載っていました。

12月

2017.12.03 愛知 | 豊橋  from17

2017.12.17 岐阜 | 柳ケ瀬  サンデービルヂングマーケット

2017.12.24 愛知 | 半田  赤レンガマルシェ

2017.12.28 愛知 | 名古屋  東別院てづくり朝市

私が向かったときには完売だったので、食べられていないのですが、いつかこういったイベントで再びお目にかかってぜひ食べてみたいですね。お味の方はわからないのですが、見た目がとても美しい焼き菓子でした。というのも、完売後のブースにも出品していた焼き菓子をディスプレイしてくださっていたのですね。あまりの美しさに皆さん写真を撮影されていました。

私もしっかり撮影させてもらいました。

有機宇治抹茶とあんことマスカルポーネのマフィン 370円

有機メープルナッツと完熟バナナとココナッツのマフィン 300円

紅玉林檎とホワイトチョコレートのシナモンケーキ 400円

有機バニラとオレンジのケーキ 380円

さつまいもとラムシナモンのタルト 600円

サワークリームフルーツケーキ 450円

アールグレイと無花果のタルト 500円

木の実と蜂蜜のキャラメルタルト 550円


どうですか?美味しそうですよね。

あと器もこだわりがある感じで、それぞれのお菓子にマッチしていて素敵でした。

何かのイベントで見かけたらぜひ食べてみてください。

↓東京蚤の市へ出かけた際の写真レポートはこちら

11月5日の日曜日に、春と秋に開かれる日本最大級のアンティーク・マーケット「東京蚤の市」に行ってきました。気温も紅葉もちょうど良い休日具合で、とても楽しかったです。とにかくたくさんのモノ!圧倒されました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク